ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ゆき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆき

  • 絵本
作: シンシア・ライラント
絵: ローレン・ストリンガー
訳: 小手鞠 るい
出版社: 新樹社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784787585851

32×25cm 32p

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

"あわゆき おおゆき わたゆき ぼたんゆき いちばん好きな ゆきは どれ?

2009年ボローニャ国際児童図書受賞作家の『小手鞠るい』がシンシアの描く、いろんな『ゆき』がふる風景を詩的に、なつかしい気持ちにかえれる訳をつけました。

ゆきのふった日のいろんな気持ちや目の前に広がるしずかな白い世界・・・ちょっと切ない、でもワクワクするあの感じを思い出しに行きませんか?"

ベストレビュー

雪の季節にぴったり

新刊コーナーで見つけました。

シンシア・ライラントを読むのは初めてかもしれません。

雪の本はたくさんあるので、クリスマス絵本同様に残っていくのは難しそうな気がします。

そんな思いで読んでいましたが、文章がとても詩的で、こな雪、ぼたん雪など、いろいろに表情を変える雪をとても美しくとらえていると思いました。

こういう絵本って、好みだなあと。

ここ最近、赤羽末吉さんの絵本で雪を見てきましたが、日本の雪の感じとはまた違った雪の情景が楽しめました。

雪で天使の形を作るのは、海外絵本ではよく見られる光景だなあと思ったのと同時に、こんな雪を経験してみたいと思ったのでした。

雪の季節に読んでみたい、今の時期にぴったりの本だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シンシア・ライラントさんのその他の作品

ねこたちのてんごく / わたしが 山おくに すんでいたころ / ウォルト・ディズニー シンデレラ / ヘンゼルとグレーテル / わにになった子ども / 名前をつけるおばあさん

小手鞠 るいさんのその他の作品

きみの声を聞かせて / あんずの木の下で / きょうから飛べるよ / お手紙ありがとう / くろくまレストランのひみつ / やくそくだよ、ミュウ



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

ゆき

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット