ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
【限定5セット!】パリの気分を味わうマドレーヌの絵本7冊セットに、豪華なコースターをお付けします♪
卵の緒
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

卵の緒

  • 児童書
著: 瀬尾まいこ
出版社: マガジンハウス

本体価格: ¥1,400 +税

「卵の緒」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

家族ってなんだろう。血の繋がらない親子を軸に、家族であること、家族になることを軽やかなタッチで描く中編小説。第7回坊っちゃん文学賞大賞受賞作に書き下ろし1編を加えて単行本化。

ベストレビュー

ほのぼのとした母子関係

『卵の緒』は75pくらいの短編なんだけど登場人物がすごく印象的。
特に母親・君子の育生に対する接し方はとてもイイ。ベタベタに愛情を押し付けたりせずサラリとしている。
でもココ!という時にはちゃんとあふれんばかりの愛情をストレートに示す。
登校拒否の男の子とお茶会をするから育生に学校を休めという母親。
なんだか奇妙だったけどとても暖かい母子の姿がそこにあってほのぼのとした気持ちになった。
一方の『7’s blood』。小学生でありながら色んなしがらみの中で懸命に生きてきた七生の
健気な明るさがとても巧みに表現されていて切なかった。
七生が七子のために用意した誕生日プレゼントの場面にじーんときてしまった。

高学年のお子さんなら共感して読めるかもしれません。
オススメです^^
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

瀬尾まいこさんのその他の作品

新潮文庫 あと少し、もう少し / あと少し、もう少し / 卵の緒 / 幸福な食卓



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

卵の緒

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット