ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひな祭りの知識も学べる!
ととくろさん 30代・ママ

ひなまつり定番で☆
たちもとみちこさん絵のこの行事シリーズ…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
迷宮へどうぞ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

迷宮へどうぞ

作: 種村季弘
絵: 川原田徹
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥571 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「迷宮へどうぞ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年01月

小学3年生から
ページ数: 40 サイズ: 25X19cm

出版社からの紹介

遊園地にある大迷路に入ったことがあるかな? その迷路よりさらに不気味でこわい迷宮は、世界中で作られてきました。なぜでしょう?

ベストレビュー

迷路がいっぱい!

迷路好きの息子が、図書館の棚から探してきた絵本です。
福音館の「たくさんのふしぎ」からハードカバー化されたもののようですね。

迷宮(迷路)についてのさまざまな知識がもりこまれています。
昔々の迷宮のはじまりについてのお話から、西洋の庭園に造られた植木の迷路、教会の床に描かれた迷路など・・・。
ギリシャ神話でしたっけ、ミノタウロスの住む迷宮とテセウス、アリアドネのお話も登場します。

人々は文明の初めのころから、もう迷宮というものを作っていたのですね。
さまざまな立体の迷路の写真や挿絵をみて、迷路が大好きな息子は大喜びで、「行ってみたいなーー!」連発でした。
最後のページの「かぼちゃ島の迷宮」、こんな島があったらいいですね!
私も一緒に楽しめた絵本です。
(あんれいさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ


川原田 徹さんのその他の作品

かぼちゃごよみ / かぼちゃ人類学入門 / かぼちゃごよみ



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

迷宮へどうぞ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット