大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
せかいいちのぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せかいいちのぼうし

  • 絵本
作: 深見 春夫
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1982年01月30日
ISBN: 9784265830039

3〜6歳
25×22mm 32ページ

みどころ

このまちの人たちは、みんな帽子が大好き。みんなが自慢の帽子をかぶっています。
そこで、「ぼうしのコンクール」が開かれ、誰の帽子が一番素晴らしいか決めることになりました。
広場には、次々と個性的な帽子をかぶった人がやってきます。
とんでもなくながーい帽子、帽子をたくさんかぶるための帽子(!?)、タンコブにかぶせる帽子まで!
さて、いよいよ優勝者が決定しようかという、その時。
ある男があらわれて、自分の帽子が一番だと言いはります。
その男は帽子をかぶっているように見えないのだけれど・・・。
「こ、これはおどろいた!」「これにはまいったわい」
一体どんな帽子だったのでしょう?

もう、まち中の人達がへんてこりんな帽子をかぶっているのを見ているだけでワクワクしてきちゃうこの絵本。作者は『あしにょきにょき』など、何だか不思議だけど、とにかく面白い!ってお話をつくってくれる深見春夫さんです。1982年に発売となっていたこの作品が、2010年に新装版となって復刊したのです。
最後にあらわれた男の帽子をみんなで必死に探しまわる姿なんて・・・もう最高に笑っちゃいます。
読み終わったら、今度は子どもたちが考える「せかいいちの帽子」っていうのを見たくなってきますね!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

せかいいちのぼうし

せかいいちのぼうし

出版社からの紹介

今日は世界一の帽子を決める日。ユニークな帽子が集まり、ついに優勝が決定します。そこへある男があらわれて、自分の帽子が一番だと言います。さて、どんな帽子でしょう?
初版は1982年。不思議で楽しいお話が、2010年に新装丁になって復刊しました。

ベストレビュー

へんてこー

ぼうし好きが集まる町で開かれた、ぼうしコンクール。ながーいぼうしとか、ぼうしをたくさんかぶるためのぼうしとか、へんてこなぼうしをかぶった参加者たちがぞくぞく登場します。
私的には、洋服も傘もぼうし柄がかわいくて好きだったけれど・・・ラストは意外なオチでした。
楽しくて、そしてちょっぴり不思議な雰囲気のある絵本です。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


深見 春夫さんのその他の作品

すてきなステッキ / あしにょきにょきにょき / にがい おくすり のめるかな / じぶんで おしり ふけるかな / ドキドキめいろのくに / なぞなぞふしぎのくに



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

せかいいちのぼうし

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット