貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
ポムとナナはちみつのたね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポムとナナはちみつのたね

作・絵: ちば みなこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ポムとナナはちみつのたね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年11月
ISBN: 9784265070404

3才向け
A4変型判 32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

こぐまのポムは大好きなはちみつを、みつばちのナナの家からこっそりとっていました。それを見つけたナナはかんかん。くまとみつばちはどうしたら仲良くなれるのでしょう。

ポムとナナはちみつのたね

ベストレビュー

その手があったね♪

ハチミツ好きのクマが、みつばちの巣からハチミツを盗むのは
よくある話。

有名なクマのプーさんだって、みつばちの巣から盗ってます。

そして、こぐまのポムもやはり、ナナの家にいつもストローを入れて
チューチューやって怒られてしまいます。

でもそんなある日。
みつばちのナナはリンゴの木の下で倒れているポムをみつけます。
「いたずらばっかりしてるから、ばちがあたったんだわ」って
家に帰るのですが、ポムのことが気になってしょうがないナナ。

薬をもって、ポムのところへ戻っていくのです。
ケガの手当てをしてくれるナナに、ポムは「いつもゴメン」って
謝ります。でも、「二人ともはちみつが大好き」というところは
おんなじなんですね。優しいナナは折れた木にも包帯を巻き、
一人で帰れるっていうポムにも心配だからとついていってくれます。

しかし、その途中で大きなくろくまがナナの家を壊して
はちみつをとっている場面に遭遇。
ポムはナナの家を守ろうと必死で戦って撃退するけれど
「くまなんてだいっきらい!」ってナナに泣かれてしまうのです。

くまとみつばちは仲良くなれないのかなぁ。
くまにもはちみつが作れたらよかったのに・・・。

その解決策が「はちみつのたね」

最初はそういうタネがあるのかなぁって読み始めましたが、
読んで行くうちに、なるほどね!って納得。

ケンカしないで仲良くできる秘策は、
一生懸命考えればきっとある。

子供たちは素直に楽しかったみたいだけど、
私は「いいなぁ〜」ってほんわかしました。

お友達とケンカしたときや、子供同士でケンカをする年長さんから
小学生ぐらいの子に読んであげるといいかもしれません。
(わにぼうさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ちば みなこさんのその他の作品

おにのおにぎりや / こぐまのはっぱ / まいごのきたかぜ / コドリーロのおやつ / ハルとカミナリ



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

ポムとナナはちみつのたね

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット