新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
紙芝居 あなのはなし

紙芝居 あなのはなし

作: ミラン・マラリーク
絵: 中野 真典
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,090

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784494091010

B4判/12場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかしむかし、あるくつしたに、あながあいていました。あなは、どんどん大きくなって、ついに、くつしたをのみこんでしまいました。そこで、あなは冒険にでかけていきます。「あな」が主人公のユニークな創作民話。

紙芝居 あなのはなし

ベストレビュー

不思議なお話

靴下の穴が活躍するという不思議なお話です。
靴下の穴は、次第に大きくなって靴下を飲み込んでしまいました。
そんな穴が、出会ったお友達と旅をします。
穴という不思議な存在と、現実の者たちとの関係が意味深のようにも思いました。
穴は意志を持ったのですね。
人を救う穴の大活躍に、ちょっぴり怖さも感じました。
ありえないと、喜んでくれる子どもは無邪気です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミラン・マラリークさんのその他の作品

あなのはなし

中野 真典さんのその他の作品

みどりのあらし / ゆめ / それから それから / ミツ / えほん遠野物語 おいぬさま / はじめての はじまり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 紙芝居 あなのはなし

2022年4月の新刊&おすすめ絵本

紙芝居 あなのはなし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット