しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ノアのはこぶね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ノアのはこぶね

作・絵: アンドレ・エレ
訳: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,301 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ノアのはこぶね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

29の動物たちの話が詩的でユーモアたっぷ

アンドレ・エレは1871年生まれです
フランスで1914年に出版された絵本ですから私も生まれていないときの本です

表紙にノアのはこぶねにのる動物が描かれていますが、お話は29の動物たちがそれぞれ、特徴を捉えてユーモアたっぷりに描かれていて「へ〜そうなんだ」と感心したり、おもしろいお話になっていたりと楽しんで読ませてもらいました!

絵も動物の特徴がセンス良く描かれていてカルタになりそうだと思いました

動物と人間との関わりもうまく お話の中に書かれているのがうまいな〜と感動です!

ウサギ  カエル ヒツジ ウマ ペンギン ワニなどは 人間との関わりがおもしろかったです
ユーモアにあふれたお話も 引き込まれました!
”ワニのたいないめぐり”は笑えました。ガチョウの話もフォアグラを珍味に食べる人には 読んでほしいですし ダウンのコートもお世話になっているんだな〜と思いました

人間と動物たちをノアのはこぶねにのせて すまわせた神様は さすがです 
共存している 人間と動物が 親しみ深く思えました!

ロバは人間と共存してますが ロバはがまん強く働いてくれているのに感謝ですね(現代の日本ではお見かけしませんが 先日モロッコでロバをたくさん見たのでそう思えました)

一度読んでみてください!
なかなか おもしろいお話ですよ!

4才からと書いてありますが 読み聞かせには長いですから 小学生や大人にもお勧めです!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


アンドレ・エレさんのその他の作品

子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし

堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

ノアのはこぶね

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット