あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
いたちのてがみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたちのてがみ

作・絵: こしだ ミカ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いたちのてがみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年11月

2才〜4才向き
ページ数: 24 サイズ: 21X20cm こどものとも年少版 2010年11月号

出版社からの紹介

おばあちゃんの古い家へ引っ越してきた女の子。天井から何か音がします。「いたちがおるんよ」。おばあちゃんが教えてくれました。ある晩、女の子は路地からとび出してきたいたちに出会います。チーズを置いておいたら、翌朝そこにはいたちのうんこが。その形はまるで文字みたいです。「これって、いたちのてがみかな」。女の子といたちのさりげない交流を温かに描いた作品。

ベストレビュー

手紙という発想!

おばあちゃんのお家に引っ越して来た女の子のお話です。
古い感じの家々が何だか昭和的で懐かしい感じの絵でした。
いたちが出るってとこも。

ドキドキ感とちょっと可笑しい感じの内容で,4歳年少さんの娘の反応はよかったです!
いたちのうんちをいたちからの手紙と思うとは,その発想と意外性がおもしろかったです。
いたち宛に手紙を書いて置いておくという女の子も純粋で可愛らしいですね。
我が家の娘も,今お手紙書きにはまっているので共感や親しみを感じたようでした。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子4歳)

出版社おすすめ


こしだ ミカさんのその他の作品

ドンのくち / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長 / でんきのビリビリ / ねぬ / 有松の庄九郎 / 天游−蘭学の架け橋となった男−



大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

いたちのてがみ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット