宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ぴかぴかドキドキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぴかぴかドキドキ

作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784323024196

出版社からの紹介

なかなかねむれないゆかちゃんはお兄ちゃんに「絵本よんで」とせがみますが、部屋には絵本がありません。2人は絵本をさがしにいきますが家の中はまっくらで、なにかがでてきそう。電気をつけた時、そこにいたのは?

ベストレビュー

おっかないよ〜。

 妹のゆかちゃんの為に、お兄ちゃんが真っ暗闇の中、絵本を探しに行くのですが、電気をつけると絵本に出てくるキャラクターが出て来ます。最後に明かりをつけた部屋で絵本を見つけて、ベッドでお兄ちゃんに読んでもらって寝るのですが。
 電気をつける前の暗闇の絵は、うちの子には怖すぎたようで、余計に怖がらせてしまいました。
 でも、電気をつけるときの、ドキドキ感は楽しんでいるようでした。
(ママちゃんさん 20代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんたんてい / へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ぴかぴかドキドキ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット