庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
川本裕子 親子読書のすすめ 忙しくても毎日続けたい幸せな習慣
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

川本裕子 親子読書のすすめ 忙しくても毎日続けたい幸せな習慣

  • 絵本
作: 川本 裕子
出版社: 日経BPマーケティング

本体価格: ¥1,300 +税

「川本裕子 親子読書のすすめ 忙しくても毎日続けたい幸せな習慣」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

多忙な著者が子育てで大切にしてきたことは本を通じたコミュニケーション。
好きな本を読ませ内容を語り合うことで親子の対話を密にし、同時に読解力や思考力・発想力を学ばせてきた。
一緒に読みたい絵本・児童書145冊を紹介したエッセイ集。

ベストレビュー

読みたい本がたくさん見つかりました

ナビで紹介されていたので読みました。
絵本では物足りなくなってきている年長の娘に
児童書を考えていたので大変役に立ちました。

川本さんは東大を出て銀行勤務、英国のオックスフォード大学大学院経済学修士を終了し外資系の企業へ。
そして現在は早稲田大学大学院教授だそうです。
そして2男子のママ。

時給で働くパート社員とは住む世界が違うし
おそらく食べるものも着るものも違うんだと思います。

でも「子供と絵本を読む」ことは同じでした。
本はどの子にも平等に感動を知識を夢を与えてくれるもの。
川本さんもママとしてお子さんに本を読み、感想を語り合い、
今でも楽しい時間を過ごされているようです。

「子供の就寝時間までには帰宅するようにしていた」川本さんは
お忙しいのにお子さんに絵本を読んであげて、
お子さんが自分で読むようになってからも
その本をご自身で読んでいます。
エピソードを加えてお子さんの感想と川本さん自身の感想が紹介されたとても役立つエッセイ集でした。
この本を今の時期(子供が6歳)に読めて本当に良かったです。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




風変りで美しい表現方法がたくさん!

川本裕子 親子読書のすすめ 忙しくても毎日続けたい幸せな習慣

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット