もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
と・も・だ・ち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

と・も・だ・ち

  • 絵本
作・絵: ロブ・ルイス
訳: まつかわ まゆみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「と・も・だ・ち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年10月
ISBN: 9784566007277

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ひっこししてきたアンディは、ともだちをたくさんつくるつもりでした。でも、この子はうるさいし、あの子はらんぼうだし、どの子もちょっとずつ好きになれない。ともだちのできないアンディは、ひとりぼっち。するとママが…。ともだちの正しいつくりかた、おしえます。

ベストレビュー

ともだちを考えさせられます

引越ししてきたうさぎのアンディ。
ともだちをたくさんつくりに出かけますが、誰も好きになれず帰ってきます。
そのときのママの一言「もし、おともだちを つくりたいのなら、あいてのありのままを、大事に思ってあげなきゃ。」子供だけでなく、大人の世界でも通用するメッセージです。

その言葉のあと、アンディはもう一歩踏み込むことが出来たので、みんなとお友達になれるのです。

勿論、自分と価値観の全く合わない子って存在すると思いますが、相手を受け入れ理解してあげることの大切さが、良く分かる絵本だと思います。

幼稚園とか小学校の入園・入学前に読んであげると、とても良いと思います。
ともだちを考えさせられる一冊です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロブ・ルイスさんのその他の作品

ボズウェルの家出 / みんないっしょに / おじいちゃんだいすき / おじいちゃんとかくれんぼ / トレバー、がんばって / トレバーはおかたづけ

まつかわ まゆみさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 ねえ、どれがいい? Would you rather… / ニニ、まいごになる / 3びきのくま / だいすきだよ ぼくの ともだち / ニニのゆめのたび / きずついたつばさをなおすには



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

と・も・だ・ち

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット