ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
これはなみだ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

これはなみだ?

作: 栗林 慧
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「これはなみだ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784834025835

B4

 今にも落ちようとしている1滴のしずくを写した表紙をめくると、しずくの落ちた葉っぱの表面のクローズアップ。そこに1匹のアリがやってきて、落ちたしずくをなめはじめます。「これは?」「なみだ?」「しょっぱい、にがい……?」ページを繰るごとに2匹、3匹……次々増えてくるアリたちの写真に、短い言葉が重なって、小さな自然のドラマが展開する、斬新な写真絵本です。
(「かがくのとも」1984年6月号で刊行された作品です)


これはなみだ?

ベストレビュー

写真から感じる

独特のカメラワークが魅力の栗林さんの作品と知ってセレクト。
表紙の見事な水滴(?)から、ワクワクしてしまいます。
おや?どうやら、表紙の水滴(?)が葉の上に落ちた模様。
そこへアリが次々にやってきます。
その集まる様子から、これは一体何?を考えさせる趣向でしょうか。
そのアリたちが実にリアルにとらえられていて、臨場感たっぷり。
添えられた言葉もいろいろな思いを掻き立ててくれそうです。
シンプルなラストですが、目の前の現象はとても鮮やかです。
写真と言葉のバランスがとてもいいと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


栗林 慧さんのその他の作品

アリのたんけん / 紙芝居 かおかお だあれ? / 紙芝居 ぼくは クワガタ。 / 紙芝居 トンボさんのぐるぐるレポート / 紙芝居 くさむらのおうさま カマキリ / 紙芝居 とべとべ ブーン!



『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

これはなみだ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット