話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
なぜあらそうの?

なぜあらそうの?

  • 絵本
作・絵: ニコライ・ポポフ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年06月
ISBN: 9784892387678


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品のDVDも販売中です。>>>

出版社からの紹介

1ぴきのカエルが、美しい花を手にしていました。そこへ、ネズミがやってきて、その花をうばいとります。カエルは、仲間とともにネズミに仕返しをしました。すると今度はネズミが仲間を呼んできて、争いは果てしなく続いたのです……。ほのぼのとした始まりとは対照的に、最後にはぎょっとするような結末がおとずれるこの絵本。なぜ争いはおこるのか、どうして争いはやまないのか、最後に何がのこされるのか……。文字をいっさい使わず絵だけで描かれていますが、心に強く訴えかける作品です。

この人もおすすめしています

【田中パパ】
野に咲く一輪の花を奪い合う野ねずみとカエルの諍いが、やがて凄惨な全面戦争にエスカレートしていくプロセスをテキストを使わずに絵だけで表現している。文字がないだけに、一緒に読むのに結構苦労したけど、戦争についてコドモと語り合うきっかけになった。
作者のニコライ・ポポフは、これだけの強烈なモチーフと優れた描写力にかかわらず、作品を殆ど発表していない。最近は何も描いていない、と編集者のノイゲバウアー氏から聞いている。とても惜しい気がする。

ベストレビュー

きっかけは他愛ないことだった

言葉のない絵本ですが、言葉がないだけに、見るものにとても大きな事を問いかけていると思います。
多分ネズミはカエルの持っている花が欲しがっただけなのでしょう。
乱暴に取った事が、ネズミの国とカエルの国の戦争となって、花の咲いていた野原が廃墟になってしまいました。
最後に争いのきっかけを作ったネズミとカエルが茫然として並んでいます。
戦争のきっかけと、エスカレートしていった理由を考えているようです。
実はこのような事は社会にいっぱいです。
だからこそ冷静になってこの本で、考え方の整理をしなければいけないと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。

ニコライ・ポポフさんのその他の作品

だれの くるま?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > なぜあらそうの?

『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

なぜあらそうの?

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット