モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
はいっちゃ だめ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はいっちゃ だめ!

作: マイケル・ローゼン
絵: ボブ・グレアム
訳: 掛川 恭子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「はいっちゃ だめ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年7月10日
ISBN: 9784001106312

対象年齢 5.6歳以上

出版社からの紹介

「はいっちゃ だめ!」高層団地の中庭で,幼い子どもたちが段ボール箱を見つけて遊びはじめます.さあ,みんなの家にしよう.ところが,だれかさんが,これはぼくのだから,はいっちゃだめ! と言い出しました.子どもたちの日常生活に起こる小さいドラマをとらえ,1人1人の個性とグループのなかでのそれぞれの役割を楽しい絵本に仕立てました.

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
この手のトラブルは子ども達の世界で頻繁によく起こる事だ。でも自分の城が出来るとそれを守りたがって、途端に排他的になるのは大人にもありがち。古今東西、それが原因の争いは数限りなく起きているのだ。
今後もし、公園などでこういう子どもたちの争う場面に遭遇したら、大人は割って入らず黙ってみているのがいいと思う。幼心にも経験の中から「平和的な紛争解決能力」を身に付けることは、直感だけど 、未来の「戦争抑止力」に繋がる気がするからだ。

ベストレビュー

子どもの世界で学ぶこと

子どもの世界って排他的であったり、自己中心だったり、独りよがりだったり…。
そんなありふれた光景を、このように象徴的に描かれると、滑稽でもあったりするのですが、当事者たちは真剣に自分を表現しているのですよね。
箱の家に入っちゃダメという少年と、なんとか中に入りたいという友だちの攻防戦。
「みんなで入ると楽しいよね!」という教育的な観点ではなく、他人事のようにして見ている子どもってなんだか可愛いと感じます。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

マイケル・ローゼンさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / ペットのきんぎょが おならをしたら……? / ローバー / モーリーのすてきなひ / きょうはみんなでクマがりだ / 悲しい本

ボブ・グレアムさんのその他の作品

わたしたちのてんごくバス / ジョンくんえほん (1) ジョンのおでまし / ジョンくんえほん (3) ジョンはおふろ / ジョンくんえほん (2) テオはぺろぺろ / ジョンくんえほん 全3冊セット

掛川 恭子さんのその他の作品

岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち / 灯台守のバーディ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

はいっちゃ だめ!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット