うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おじいさんの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいさんの旅

  • 絵本
作・絵: アレン・セイ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「おじいさんの旅」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784593504169

1994年コルデコット賞受賞作

課題図書すばこ

出版社からの紹介

この物語は、ぼくたちがいつか見た心の風景、いつか見る心の風景――
戦前、アメリカへ渡ったひとりの日本人男性の、ふたつの国への思いを描く。
こちらにいればあちらが恋しく、あちらにいればこちらが恋しい……すべての人がもつ、切ないほどの「郷愁」の心を、透明感あふれる絵で静かに描いた絵本。

ベストレビュー

日本生まれの作家のコールデコット賞受賞作

1994年のコールデコット賞受賞作品。
邦訳は2002年。
アレン・セイを調べたら驚きました。
日本生まれの日系アメリカ人作家・イラストレーターで、本名はジェームズ・アレン・コウイチ・モリワキ・セイイ。
James Allen Koichi Moriwaki Seii
現在はオレゴン州ポートランド在住なのですが、何と、1939年神奈川県横浜市生まれなのです。
日系アメリカ人の母(正しくは帰国子女)と、韓国人の父の間に生まれ、8歳の時に両親が離婚し父親にひきとられています。
12歳の時に青山学院へ通うために母方の祖母と東京都に住むものの、すぐに祖母と同意の上で別れて暮らしたのですが、一人暮らしを始めた時、漫画家野呂新平の弟子となったのです。

そんなルーツを持つセイが描いたのは、祖父の物語。
世界を見てみたいと、セイのおじいさんは若くして日本からアメリカに渡ります。
三週間の船旅でしたが、その頃、日本から外国へ行くことは、非常に珍しいことだったはず。
広大な土地、果てしない畑、工場だらけの街、高い建物だけの大都会、大自然、多様な人種との出会い、接するもの全てが新鮮で魅力溢れるものだったのでしょう。
そして、カリフォルニアで家族を持ち、おじいさんにとって、アメリカも故郷になっていくのです。
しかし、日本のことが忘れがたく家族で日本に帰国するものの、年月が流れると今度はアメリカへの郷愁が沸いてくる、そんな想いを描いた作品です。

この作品がアメリカで受け入れられたのは、遠き故郷への想いを描いたからでしょう。
移民の多いアメリカだからこそ、多くの共感を得たのだと思います。

物語は、最後にセイがアメリカに行くところで終わります。
ルーツを巡ることになるのですが、そんな郷愁を感じずにいられない心に沁みいる作品です。
描かれた絵は、どれも、写真のような美しいものです。
家族の肖像、歴史、自分の生い立ちを辿る絵に、惹かれること間違いありません。
日本生まれの作家が、コールデコット賞を受賞したというのは非常に嬉しいことであり、もっと多くの人に知って読んで欲しい作品です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

アレン・セイさんのその他の作品

紙しばい屋さん / さんねんねたろう / はるかな湖 / じてんしゃのへいたいさん



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

おじいさんの旅

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット