たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
パパと10にんのこども
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパと10にんのこども

  • 絵本
作・絵: ベネディクト・ゲッティエール
訳: 那須田 淳
出版社: ひくまの出版

本体価格: ¥1,600 +税

「パパと10にんのこども」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月
ISBN: 9784893172464

ヴリュッセル賞
サン・ポール・トロアシャトー賞
ドローム青少年図書展ピチョー賞
秋田県よい本をすすめる会夏休みすいせん図書

出版社からの紹介

10人の子どもの世話で大忙しのパパ。食事も、きるものも、なんでも10人分用意しなければなりません。学校へ子どもを連れていき、会社から帰ってくると、お風呂に10人の子どもを入れて洗い、ご飯を食べさせ、お休みのキスを10回して、ようやく1日が終わります。育児に疲れたパパは、ある夜、こっそり船を作り、おばあさんに子どもたちをたのんで、一人で海へ出かけます。海でのんびり昼寝をしたり、釣りをしたり・・・。

でも、なんだかへんです。子どもたちがいない暮らしのなんと寂しいこと!大急ぎで帰ったパパはこんどは10人の子どもたちをつれて、楽しい冒険の旅に出かけることにしました。

ユーモアの中に、パパの優しさがいっぱいあふれた傑作絵本!

作者紹介
ベネディクト・ゲッティエール
1963年パリに生まれる。ウィットに富んだ文章や絵が子ども達の人気を集める。
今、フランスでもっとも注目さてれいる女流絵本作家。
この絵本は、ブリュッセル賞、ドロームの青少年図書賞など多くの賞を受賞しています

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
育児に疲れ悩んだとき、僕はこの本をそっと開く。
ストーリーは映画的だ。父子家庭にあって、仕事にも育児にも常に全力投球のパパにも、ささやかな夢があった。後にやっとの思いで夢を達成したパパだが、 同時に大切なものを失ったことに気がついて・・・。
理想と現実のジレンマに苦しむ男の気持ちが、パパの疲れた顔から 痛いほど読み取れる。人はギリギリの日常だけでは生きていけない。 時には休息が必要なのだ。でもそれは男も女も同じこと。ヒロシが産まれて間もない2年前の妻の誕生日に彼女はこう言った。「プレゼントは”物”じゃなくて、”ひとりの時間”が欲しいわ」。

ベストレビュー

こんなにいたら大変だ!

 10人の子供の世話をする事に疲れてしまい、パパは、おばあさんに子供達をあずけてヨットで旅に出掛けます。
 ゆっくり、休養をとったパパは、やはり寂しくなって急いで子供たちを迎えに行きます。そして、みんなで出掛けることにしたお話です。
 たくさん出てくる子供の絵に、息子はビックリ!
(ママちゃんさん 20代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ベネディクト・ゲッティエールさんのその他の作品

あかちゃんたんていラプーたんじょう!

那須田 淳さんのその他の作品

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし / ポプラ文庫ピュアフル 星空ロック / ポプラ世界名作童話(4) アルプスの少女ハイジ / 笑い猫の5分間怪談(1) 幽霊からの宿題 / 笑い猫の5分間怪談(2) 真夏の怪談列車 / おおかみと 七ひきのこやぎ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

パパと10にんのこども

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット