INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ツーティのうんちはどこいった?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ツーティのうんちはどこいった?

  • 絵本
作: 越智 典子
絵: 松岡 達英
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ツーティのうんちはどこいった?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月
ISBN: 9784033184203

対象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ぼくがしたうんちはどこへいくの?」ハナグマのツーティが自分のうんちを見はっていたら、突然うんちが動き出した!?

ベストレビュー

題名はちょっとマイナーだけど、侮れない!

絵は松岡達英さん。彼は自然科学のイラストレーターだそうです。
この、ツーティー。実はシリーズものらしく、我が家で読むのは初めてですが、この絵本は2作目です。
中米のジャングルに暮らすハナグマのツーティが、巻き起こすお話。
この「ツーティーのうんち」は、いわゆる食物連鎖の事を上手く取り扱っている作品だと思います。
ページを開いて、早速うんちをしているシーンには一瞬ひるみますが、木の影から自分のうんちがどうなるのか、覗いているツーティーの表情にはなかなか笑えます。
「うんち」がひとりでに動いた!と勘違いした時の顔もすっごく面白いですよ。
絵本の世界に浸りながら、自然や科学を理解できる。とっても素敵な絵本です。
親子共々勉強になりました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


越智 典子さんのその他の作品

完司さんの戦争 / 森ぬすっとの村 ラビントットと空の魚 第四話 / 父さんと、母さんと、ぼく ラビントットと空の魚 第五話 / サメってさいこう! / テオのふしぎなクリスマス / サルってさいこう!

松岡 達英さんのその他の作品

おじいちゃんの小さかったとき / いのちのひろがり / カエルくんのだいはっけん! / よるになると / いけのおと / さとやまに はるがきた


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ツーティのうんちはどこいった?

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

ツーティのうんちはどこいった?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット