雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ツーティのうんちはどこいった?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ツーティのうんちはどこいった?

  • 絵本
作: 越智 典子
絵: 松岡 達英
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月
ISBN: 9784033184203

対象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ぼくがしたうんちはどこへいくの?」ハナグマのツーティが自分のうんちを見はっていたら、突然うんちが動き出した!?

ベストレビュー

題名はちょっとマイナーだけど、侮れない!

絵は松岡達英さん。彼は自然科学のイラストレーターだそうです。
この、ツーティー。実はシリーズものらしく、我が家で読むのは初めてですが、この絵本は2作目です。
中米のジャングルに暮らすハナグマのツーティが、巻き起こすお話。
この「ツーティーのうんち」は、いわゆる食物連鎖の事を上手く取り扱っている作品だと思います。
ページを開いて、早速うんちをしているシーンには一瞬ひるみますが、木の影から自分のうんちがどうなるのか、覗いているツーティーの表情にはなかなか笑えます。
「うんち」がひとりでに動いた!と勘違いした時の顔もすっごく面白いですよ。
絵本の世界に浸りながら、自然や科学を理解できる。とっても素敵な絵本です。
親子共々勉強になりました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


越智 典子さんのその他の作品

サルってさいこう! / いろいろ いっぱい ちきゅうの さまざまな いきもの / ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの せかい / ラビントットと空の魚 (3) くれない月のなぞ / ラビントットと空の魚 (2) そなえあればうれしいな / ラビントットと空の魚 (1) 鰹のたんぽぽ釣り

松岡 達英さんのその他の作品

いのちのひろがり / カエルくんのだいはっけん! / よるになると / いけのおと / さとやまに はるがきた / 山猫たんけん隊



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

ツーティのうんちはどこいった?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71




全ページためしよみ
年齢別絵本セット