INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
へんへんへん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へんへんへん

作・絵: みやもとただお
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,120 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月15日
ISBN: 9784569682709

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

内容:こどもたちは、まねっこが大好き。海で遊ぶごりらのうーたんと魚やタコたちが、まねっこをしながら仲よしになっていく物語です。

解説:子どもたちは、まねっこが大好きです。海にきた、ゴリラの「ごっほ」は遊び相手をさがしますが、あたりには誰もいません。泳ぎはじめた「ごっほ」を見て、魚が「まねしてる」と言います。「それじゃあ」とぱちゃぱちゃと音をたてて、水遊びをはじめた「ごっほ」を見て、今度はタコが「まねしてる」とさわぎます。「それじゃあ」と浮いているだけにしようとしたのですが、ラッコが登場して、「まねしてる」と指摘します。あんまり、みんなから、「まねしてる」と言われるので「ごっほ」は海で遊ぶのをやめることにしました。ところが、今度はみんなが「ごっほ」のまねをはじめたのです……。まねをされたり、まねをしたりしているうちに、「ごっほ」には、たくさんの友だちができました。子どもたちに、「まねっこ」遊びの面白さ、友だちをつくると一人で遊ぶより、さらに楽しみがますことを伝える作品です。

ベストレビュー

宮本さん

宮本さんの作品ではちょっと以前読んだ画風と異なりますがこの絵本の迫力ある絵も大好きです。主人公は一人遊びの天才だと思いました。人というのは自然と楽しい人の周りに集まるものだと思いいます。この主人公の魅力のある人柄の御蔭でたくさんの友達が集まって来たのだと思いました。海から上がった主人公の後をみんなが付いていくところが楽しかったです。振り向いたとき皆が素知らぬふりをしている姿が滑稽でした。そして主人公は実に懐が深いと思いました。自分のスイカを分けてあげたからです。みんなで笑顔で食べるスイカは最高に美味しいと思いました。楽しい絵本でした。
(なびころさん 20代・ママ 女の子 5ケ月)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

みやもとただおさんのその他の作品

はっぱのゆうびんやさん / かえってきたドロンコ / いればのガタくん、そらとんだ / ぼくとおじいちゃん / But I Like You きらいですき / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

へんへんへん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット