もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ロッコくんジュースのまちへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロッコくんジュースのまちへ

作・絵: にしまきかな
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ロッコくんジュースのまちへ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月31日
ISBN: 9784834017625

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「あ、月から人が落ちた!」ロッコ君が森に駆けつけると、月の子がいました。月の子はロッコ君を「ジュースのまち」へ案内します。ジュースのまちで飲んだジュースは……?

「たいへん! 月から人が落ちた!」ロッコ君が森に駆けつけると月の子がいました。「ジュースを飲んでいたら、落ちちゃった」月の子はそういうと、「君もジュース、飲む?」とロッコ君にききました。「うん!」ロッコ君がこたえると、「こっちだよ」といって月の子は歩きだしました。
 月の子がロッコ君をつれていったのは、なんと「ジュースのまち!」。オレンジさんのオレンジジュースを飲んで、森の葉っぱ兄弟の雨のジュースを飲んで、ロッコ君はお墓のおばけジュースまで飲みました。すると……? 
 次々に楽しいジュースがでてきて、わくわく、どきどき。さて、ロッコ君が最後に飲むジュースは何でしょう?おいしくって、楽しい絵本です。

ベストレビュー

行ってみたいな〜

作者で選びました。

ジュースのまちへというタイトルがとても気になり

読んでみましたが、ホントにジュースのまちのお話です!

月でジュースを飲んでる男の子の影をみつけたロッコくん。

そのこが月からポロンと地上に落ちてきたのがきっかけで

二人でジュースのまちに行きます。

そこからはとにかくジュースだらけ。

夜中だというのにジュースをたくさん飲んでました。

子供が思わず、おしっこでるよ!と突っ込むくらい。

一番おいしそうだったのはジュースのまちのジュースではなく

月のジュースでした。

こんな場面に出くわしたいなと感じました。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

にしまきかなさんのその他の作品

紙芝居 おっはよう もうおきた? / アザラシマンション



「星新一ショートショートえほん」シリーズ<br>画家さんインタビュー

ロッコくんジュースのまちへ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット