あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
消えてしまったお人形
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

消えてしまったお人形

作: ジーン・リチャードソン
絵: マイク・ドッド
訳: わたなべ いちえ
出版社: アスラン書房

本体価格: ¥1,450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「消えてしまったお人形」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784900656116

日本図書館協会選定図書
厚生省中央児童福祉審議会推薦

出版社からの紹介

ハリエットは、だいじなお人形のロッティをなくして、ひどく悲しんでいました。 ある日、ロッティから人形ことばで書いた手紙が届きました。 もう2度と会えないと思っていたロッティが、帰ってくるかもしれないと、ハリエットは望みを持ちます。

ベストレビュー

優しくてウィットにとんだお話し

「変身」で有名な作家フランツ・カフカの実際のエピソードを作者が絵本にしたものだそうです。
ハリエットが大事にしていたお人形が無くなってしまいます。たまたま現場にいあわせたカフカが「お人形は無くなったのではなくて、家出をしたんじゃないかな。もしかしたらお手紙がくるかもしれないよ」と励まします。
それから、一週間したら、本当にお人形から手紙が来ます。彼女は別の女の子に拾われて世界中を旅しているとのこと。何度目かの手紙のあと小包と最後の手紙をもらいます。その手紙で、もうお人形から手紙が届かないことを知り、とても悲しみます。そして一緒に来た小包をあけたら……。

この手紙を送っていたのがカフカだったのです。
最後のどんでん返しに思わず読み聞かせながら泣いてしまいました。とてもウィットに飛んでいて優しい結末です。
(佐保姫さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

ジーン・リチャードソンさんのその他の作品

クルミわりにんぎょう

わたなべ いちえさんのその他の作品

かあさん、わたしのことすき?



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

消えてしまったお人形

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット