雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
あまがさ 新版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あまがさ 新版

  • 絵本
作・絵: やしまたろう
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1963年08月25日
ISBN: 9784834002973

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

モモは誕生日にもらった長ぐつをはき、雨傘をさして街の中を歩きます。ぽんぽろ、ぽんぽろ、雨はふしぎな音を奏でます。モモの心は喜びでいっぱいです。

ベストレビュー

不気味な絵だけどホラーじゃないのよ

モモちゃんは新しい傘とブーツを買ってもらい
使いたくてあれこれママに言って
雨を心待ちにしている様子がとても子供っぽく
楽しませてもらいました。

どなたかのレビューにあるように雨音もこの絵本の魅力です。
雨が傘に落ちてはじけている音を活字にすると
こうなるんでしょうね。

最後の落ちというか、締めくくりというか
この絵本のもっとも心を打つところで
私たち3人は顔を見合わせ「はっ」として
「そうだったのね」と笑顔になりました。

不気味な絵なので読むのを止めてしまった方もいるかも
知れませんが温かく心に届く優しいお話なので
ぜひ読んで「はっ」としてみてください。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やしまたろうさんのその他の作品

モモのこねこ



困っているぼくのところに本物の神様が!

あまがさ 新版

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット