おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あたらしいぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたらしいぼく

作: シャーロット・ゾロトウ
絵: エリック・ブレグヴァド
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年
ISBN: 9784924684584

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 少年の「ぼく」が主人公です。ある日のこと、「たしかに ぼくは ここにいるんだけど そのぼくは ぼくじゃないみたいなんだ」と思うのです。そうなる と壁紙の風船模様も子どもっぽいし、友だちのジャックが来ても、いつもするビー玉遊びなんかしたくない。「また遊ぶ?」と聞かれても「たぶん遊ばない」と 素気ない。部屋のおもちゃももういらない。それまで面白いと思わなかった貝に興味がでて、図書館で調べてみたくなる。おもちゃをぜんぶ箱の中にしまうと、 なんかさっぱりして、「パンダや、カードや、ビー玉で あそんでいた今までの僕は、いなくなった。そして、僕は いま ここに いる僕は―あたらしい僕な んだ」 と終ります。

 河合隼雄さんが絶賛してくださった絵本。

 「ぼくは ぼくじゃないみたい」体験は、子どもが自己実現に向かって成長する一つの段階なのです。

ベストレビュー

わかるような気もするけれど・・・。

     たしかに  ぼくは ここにいるんだけど 
     そのぼくは ぼくじゃないみたいなんだ
 ある日、ふとそう思い始めると自分の周りの物全てが違って見える。 好みも遊びも、そして今までの自分自身の存在までも・・・。 大人の階段を上り始めた一人の少年の心の成長をリアルに映し出した一冊です。  「もう 子どもじゃないんだ!」 という少年の心の叫びが静かに響いてきました。  子どもの頃(実はついさっきまでの自分)の がらくた(思い出の品々)を箱にしまい込んで、今までの自分を「いなくなった」とするこのストーリー展開には、「それは 寂しすぎるよ」と言いたくなるような、なんとも切ない思いでしたが・・・。 同著者の 「おとなになる日」とあわせて読んでみてください。  思春期を迎える頃の子どもには、共感できるのかも・・。  
(かざぐるまさん 30代・ママ 男の子10歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / おとうさん / なかなおり / おじいちゃんがだっこしてくれたよ / ぼくは赤ちゃんがほしいの

エリック・ブレグヴァドさんのその他の作品

いまがたのしいもん / まっててね

みらい ななさんのその他の作品

おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / くものがっこう / おやすみおやすみぐっすりおやすみ / 赤ちゃんのようじ ママのようじ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

あたらしいぼく

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89




全ページためしよみ
年齢別絵本セット