庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
あひるのピンのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あひるのピンのぼうけん

  • 絵本
作: マージョリー・フラック
絵: クルト・ヴィーゼ
訳: まさき るりこ
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

「あひるのピンのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1994年
ISBN: 9784916016003


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

1933年アメリカで出版された名作絵本の復刊。揚子江に住むあひるの子ピンが、家船から離れ、様々な経験をして無事に戻るまでを描く。

ベストレビュー

何度も読み返したくなる絵本

前から読みたかった本です。

図書館になかったので、リクエストして入れてもらいました。

発行年が1994年だったので、ひょっとして絶版になっていたらどうしようと思いながら、でも無事に読めました。

出版事業がふるわない今、良書であっても店頭に並ぶことなく消えていく本が多いですからね。

子どもの本が衰退してかないように、良書は積極的に図書館にリクエストしていきたいと思っています。

前置きが長くなりましたが、文がマージョリー・フラック、絵がクルト・ヴィーゼ、訳がまさきるりこさんと、これだけそろい踏みだと、やはり読みたくなる本です。

揚子江に住むアヒルのピン。群れから離れてしまいます。

ピンの冒険は、子どもの冒険と似ているところがありますね。

子どもにとっては毎日が未知の世界、予期せぬことが起こるものです。

ピンにしても本当に予期せぬことが待っています。

アヒルが食べられる?とくだりがあるので、びっくりしたのですが、北京ダックの話を聞いてからはなるほどと思いました。

今時の本のような派手さはありませんが、読むと何だかほっとする、何度も読み返したくなる絵本だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

マージョリー・フラックさんのその他の作品

新装版/あひるのピンのぼうけん / トプシーとアンガス / ベスとアンガス / ウイリアムのこねこ / Angus and the Ducks(アンガスとあひる) / Angus Lost(まいごのアンガス)

クルト・ヴィーゼさんのその他の作品

シナの五にんきょうだい

まさき るりこさんのその他の作品

スティーヴィーのこいぬ / ベンジーのもうふ / ある子どもの詩の庭で / おやすみ、かけす / 愛蔵版 ピーターラビット全おはなし集(改訂版) / マイケルとスーザンは一年生



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

あひるのピンのぼうけん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット