しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
森のおひめさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森のおひめさま

  • 絵本
作・絵: ジビュレ・フォン・オルファ−ス
訳: 秦 理絵子
出版社: 平凡社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「森のおひめさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年02月
ISBN: 9784582831450

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

美しい絵にうっとり

 100年も前にかかれた絵本なのに、鮮やかな色彩といい、素敵なデザインといい、まったく古臭さを感じさせせません。本当に1枚1枚を額に入れて飾っておきたくなるような絵に、娘も、「いいなあ、この本。Jも、こういう絵、描いてみたいな。」と、うっとりしながら言っていました。そして、翌日には、1ページ1ページ丁寧に描き写して、自分だけの絵本を作りました。 
       
 野いちごやきのこなどの描写、それに、目に見えない「小さななかまたち」の存在は、ベスコフの世界とも似ていますね。こんな楽しい子ども時代を過ごせたらしあわせだろうな、と思わずにはいられません。

 娘は、おひめさまが眠りについた後、お城の前に座って番をする「星のこども」を見て、「この子は、きっとおひめさまが変わった(星の子になった)んだよ」と言いました。
娘の心の中では、1日が終わっても、まだ夢の中で、おひめさまの楽しい1日は続いているんだな、と感じ、とてもうれしくなりました。子どもの想像力って、本当にすばらしいですね。

(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

秦 理絵子さんのその他の作品

ねっこぼっこ / ちょうちょのくに / うさぎのくにへ / ゆきのおしろへ / 風さん



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

森のおひめさま

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット