だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ぶたくんと100ぴきのおおかみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぶたくんと100ぴきのおおかみ

作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1991年
ISBN: 9784790260264

対象年齢:3歳から
全国学校図書館協議会選定図書

出版社からの紹介

100匹のおおかみにすっかり取り囲まれてしまった、たった1匹のぶたくん。果たして無事に脱出できるでしょうか?

ベストレビュー

ゆかい☆ゆかい☆

100ぴきのおおかみってところに「おおおぉ!!」と声が上がります!!

100匹でたった1ぴきのぶたを追いかける場面が一番おもしろかったです!!

追いかける場面は「だっだっだっ・・・・!」大げさに読むのが正解かな!


取り囲む場面は絶体絶命のぶた君をついつい応援してしまいます。
でも、かしこいおおかみくん、1ぴきのぶたを100匹で食べたって
おなかいっぱいにならないということに気付きます。

かしこい?おおかみが考えた知恵。
「お前だけは助けてやるから仲間を連れてこい。」
というのって・・・。

まるで、コントか懐かしいギャグのようなラストに本当に笑います。
子どもたちもとってもおもしろがっていました。

ぶたを応援するのか、おおかみを応援するのか、視点を変えて読むのも楽しいと思います。
(ハッピーカオリンママさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

宮西 達也さんのその他の作品

はじめてのおとうさんはウルトラマン / カエルくんのたんこぶ / ヘンテコシャンプー / ティラノサウルスのえほんとパペット おれティラポンくん / やさしさとおもいやり / ヘンテコはみがきこ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

ぶたくんと100ぴきのおおかみ

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.72

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 38人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット