新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ちいさくなったおにいちゃん

ちいさくなったおにいちゃん

作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: 木坂 涼
出版社: らんか社

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784883301232

出版社からの紹介

腕のいい錬金術師一家のあとつぎとして期待される息子は自信満々で、おひとよしの弟には目もくれません。ところが両親の留守中、とんでもないことが起きてしまいます。

ベストレビュー

兄弟って

5歳の次男に読みました。

いつもいつも長男にくっつき歩き、お兄ちゃんと同じことがしたい次男。でもお兄ちゃんはいつも相手をしてくれるわけでもなく、威張ってばかり。うちの兄弟とまるきり同じです。だから、次男はこの本に並々ならぬ共感を覚えるかも?と思っていました。

さて、この本の長男はひょんなことから薬で虫のように小さくなってしまいます。弟に助けてもらわなければならないのに、まだいばってばかり。こんな時くらい弟も日頃の恨みを晴らせばいいのに、おにいちゃんの言いなりであるばかりか、このままでもずーっと面倒をみてあげる、と言うほどのやさしさ。

息子もこの本の次男の行動に何の疑問も抱いていない様子でした。

最後は何とか元に戻れて安心の結末なのですが、お兄ちゃんがどんなに小さくなっても動じない家族が素敵です。弟はとにかくお兄ちゃんが好きなのだということもよくわかりました。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,320円
1,430円
1,430円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

418円
473円
2,750円
275円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ちいさくなったおにいちゃん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら