とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
くまのパディントン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまのパディントン

  • 児童書
作: マイケル・ボンド
絵: ペギー・フォートナム
訳: 松岡 享子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「くまのパディントン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1967年10月
ISBN: 9784834001082

自分で読むなら 小学中学年から

9〜10歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一度読み始めたらやめられない、おかしなおかしなクマのパディントンのお話の第1冊目。ブラウン夫妻がパディントン駅で見つけた子ぐまが、夫妻にひきとられ縦横無尽に活躍します。

ベストレビュー

涙が出るほどおもしろい

私が小学生の頃はまった本です。
私の母も大好きで、ある日母の部屋からひきつったような笑い声が聞こえてきたので、何事?と覗くと、この本を読んで泣きながら大笑いしていました。
そう、本当に涙が出るほど笑えるところが幾つもある楽しい本なのです。
クマゆえにみんなが常識と思っていることを、なんなく覆してしまい、こちらの方が、そういえばなんで頑固にこれが常識だと思っていたのかしら、もっと臨機応変に考えてもいいのになんて考えてしまうことが次々出てきます。
パディントンとブラウンさん一家の温かい家族愛も必見です。
余談ですが、パディントンという固有名詞を知ったのは、この本でだったので、名探偵ホームズシリーズのお話の中に、パディントン駅が出てきたのを見つけたときは、思わず「おお!」と歓声を上げてしまいました。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・ボンドさんのその他の作品

パディントンのサーカス / パディントンのクリスマス / 人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし / パディントンのマーマレード迷路 / パディントンのにわづくり / パディントンの金メダル

ペギー・フォートナムさんのその他の作品

くまのパディントン(全10冊) / パディントンの大切な家族 / パディントン街へ行く / パディントンのラストダンス / 福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9) / 福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8)

松岡 享子さんのその他の作品

グリムのむかしばなし2 / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

くまのパディントン

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット