もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
きばのあるヒツジ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きばのあるヒツジ

作: さねとうあきら
絵: 井上 洋介
出版社: サンリード

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥980 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年
ISBN: 9784914985141

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

草食系が肉食に変わると

面白いお話ですが、面白いだけに終わらず、意味深さを感じてしまいました。

オオカミから身を守るために、牙を「装備」した羊たち。
アラビアのりなどという、レトロ感覚たっぷりののりで、死んだ動物たちの骨などを口に装着。
まさに付け焼刃的、自己防衛。
確かにオオカミから身を守ることはできました。

ところが、自らの歯をおったりして牙をつけた羊たちには、草が上手に食べられない。
それだけではなく性格も変わっていきます。
草食系から肉食系へ。
自己防衛から覇権主義へ。
肉食を覚えていきます。
戦い方を知らないでそろえた武装が、決して自分のためにならないことは、子どもたちの世界にも、大人の世界にも、国際情勢の間でも、想像すればいろいろと思い浮かぶことがあります。

最後のシーンが、意味深長です。
牙をつけた羊と、牙をつけたカモシカとの対峙。
笑い話で済むのでしょうか。
血みどろの憎み合いの前兆でしょうか。

良く考えると、とても怖いお話です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さねとうあきらさんのその他の作品

東京石器人戦争 / ねえ / ゆきこんこん物語 / 四谷怪談 / 信太の狐 / たこやはちべえりゅうぐうたび

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / まぼろしえほん / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

きばのあるヒツジ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット