大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
おしゃべりな絵日記 アトリエエレマンプレ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃべりな絵日記 アトリエエレマンプレ

  • 絵本
編集: アトリエエレマンプレザン
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「おしゃべりな絵日記 アトリエエレマンプレ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年10月
ISBN: 9784591054642

対象年齢:幼児〜小学初級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

この絵本の絵を描いているのは、ダウン症の子どもたちです。彼らは、その絵の中で、たくさんの想いを表現しているのです。

ベストレビュー

絵本というよりは、画集です。

エレマン プレザンというアトリエに通う、17人の知的障害を持つ人たちが描いた絵が、ページいっぱいに紹介されてます。
うまい下手とか、抽象画OR人物・風景画?といったジャンルとか、そういうものはどうでもよくなり、ただただすごいな〜と感心させられます。

亡くなったじいちゃん(私の父)が画家だったり、父ちゃん(私にとっては夫)が養護学校に勤めてることもあって、長男自らこの本を選んで借りてきました。
あまりごちゃごちゃ考えず、この絵のここがいいな〜とか、この絵が好き!という感覚(自分が感じたまま)を楽しむ、絵本というよりは画集ですね。

こだわらず(時にはこだわりも必要だけど)、いろんなジャンルを楽しむというのは、絵本にもまた通じるのではないでしょうか?子どもたちよ!これからも、いろんな絵本を借りてきてね。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

おしゃべりな絵日記 アトリエエレマンプレ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット