あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
にわとりの たまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にわとりの たまご

作: 増田 純子
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥390 +税

「にわとりの たまご」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年06月01日

対象年齢 10ヵ月から2才向き
こどものとも0.1.2. 2003年6月号

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

にわとりのお母さんがあたためていた卵から、ひよこが生まれました。ひよこたちは「ぴよ ぴよ」と鳴いて、お母さんに「じょうず じょうず」とほめられます。ひよこたちとお母さんのうれしい気持ちが、単純な絵のなかに見事に描かれています。鮮やかな色が美しい貼り絵の絵本。

ベストレビュー

鶏だけと黄色い(笑)

ま黄色な鶏が卵を3つ温めています。
たまごがパリパリと割れて三匹ひよこが生まれます。ひよこは鳴いたり、パタパタしたり、ごはんを食べたりして生きて自力でできることをします。
お母さんはじょうず、できた、すごいと褒めます。
あかちゃんがやることを一折りやったら疲れてねんねします。

これ、生まれたあかちゃんにどんな親もやっていること。泣いて、おっぱい飲んで、手がぶんぶん動いて・・・・。そのたびにお母さんは上手い上手い!すごい!すごい!と褒めます。少し懐かしくも思います。

見開きで大きくはっきり書かれていイラストなので目が悪い赤ちゃんにも十分見えます。赤ちゃんができることをひよこもやっていて、親近感(わかるのかな?)を持てることばかり。

大きくなった時にはニワトリが黄色いことを指摘するようになります。
どうだよね〜って、なんでだろう?と話しました。
(鉄人の母さん 40代・ママ 男の子3歳)

出版社おすすめ


増田 純子さんのその他の作品

ほっぷ すてっぷ かぶとむし / ぽつぽつぽつ / おさかな いっぱい / ほっぷ すてっぷ かぶとむし / じどうしゃぱん


絵本ナビホーム > > にわとりの たまご

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

にわとりの たまご

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット