新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

だいすきよ、ブルーカンガルー!

だいすきよ、ブルーカンガルー!

  • 絵本
作・絵: エマ・チチェスター・クラーク
訳: まつかわ まゆみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1999年11月
ISBN: 9784566006652

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
27.8X22.6cm・32ページ 厚生省中央児童福祉審議会推薦

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぬいぐるみのブルーカンガルーは、リリーの大のおきにいり。でもある日、おばさんがクマさんをくれて、それからウサギ、ブチイヌ、ワニ、とつぎつぎとやってきました。ブルーカンガルーは「もう、ぼくのいばしょはないんだ」とかなしくなって…。

ベストレビュー

ブルーカンガルーの気持ちが良く伝わるお話

「どこへいったの、ブルーカンガルー」を以前に読んだことがあるので、息子が「あっ、これもブルーカンガルーだよ」と図書館の棚が持ってきました。
息子には、1才くらいから大切にしている、いないいないばあのぬいぐるみワンワンがあります。いつも、
「ブールカンガルーのことをワンワンだと思って、読んでみてごらん」と言っています。
今回は、主人公のリリーが沢山の縫いぐるみを貰ってしまうことによって、ブルーカンガルーが離れていってしまいます。そして、そこにブルーカンガルーの感情がよく現れています。今度は、
「ブルーカンガルーが自分だと思って、話しを聞いてみてごらん」と息子に注文を付けました。
最後は、やっぱり、1番大好きは、ブルーカンガルーだったんだと安堵感に浸りました。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子5歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

だいすきよ、ブルーカンガルー!

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら