ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
木を植えた男
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木を植えた男

  • 絵本
作: ジャン・ジオノ
絵: フレデリック・バック
訳: 寺岡 襄
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1989年12月
ISBN: 9784751514313

小学校中学年〜中学生
サイズ:A4

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

フランスの山岳地帯に一人とどまり、何十年もの間黙々と木を植え続け、森を蘇らせた男。その不屈の精神を感動的に綴る物語絵本。

ベストレビュー

崇高なドラマ

南フランスのプロヴァンスの、人も離れていくような荒野で淡々と木を植え続けた男の物語。
失敗しても、失敗しても、黙々と作業を繰り返す男。
家族を失って孤独な境遇と男の生き様が、とても壮大なドラマを展開しています。
その地で男と出会った青年には、その行為がとても崇高なものに思えました。
第1次世界大戦で戦場に出た青年が、戦後心をいやすために再び訪れたその土地には、カシワの木が育ち始めていました。
緑化されていく土地は人々を魅了したり、伐採されたり、時代や社会に荒く扱われますが、男は黙々と木を植え続けます。
エルゼアール・ブフィエ氏の生き様は孤独であるだけに、一つの信仰のようにも思えます。
現在では緑あふれる場所となったプロヴァンス。
バック・フレデリックの絵からは土の匂いがするようです。
骨太で渋い絵本。
じわりじわりと心に響いてきます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャン・ジオノさんのその他の作品

木を植えたひと / 木を植えた人

フレデリック・バックさんのその他の作品

クラック!

寺岡 襄さんのその他の作品

アリョーシャと風のひみつ / 蒼穹のアトラス3 / 蒼穹のアトラス1 / キツネ / 蒼穹のアトラス2 / ザンジバルの贈り物



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

木を植えた男

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット