庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
かたづけ ポイ・ポイ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かたづけ ポイ・ポイ!

作: トニー・ボニング
絵: サリー・ホブソン
訳: 工藤 直子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「かたづけ ポイ・ポイ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年02月26日
ISBN: 9784097273141

A4変 28頁

出版社からの紹介

突然おじさんが来ることになった片づけ苦手のきつね君。さあ大変と、ゴミの山を草むらの穴に捨てた
ことから大騒動が! 
いろんな動物たちの間をゴミが巡る巡る楽しいお話の中で、環境問題も考えされられる本です。

ベストレビュー

読んだ後は考えなきゃ

おじさんが遊びに来ると知ったのは・・今日!
きつね君急いで片付け、お掃除です。

でも・・きつねくんのしたことはとにかくこの場のゴミを捨ててしまおう!!

ちょうどいいと思った穴はあなぐまおばさんの家だった・・・

あなぐまおばさんもびっくり!おこって、やっぱりとりあえずどこかに捨てましょう!!

なんか・・身につまされるというか・・よくわかるというか・・・

とりあえず、押入れにおしこんじゃえ〜なんて我家もあって・・みんなの気持ちがよく分かるんだけど、この本は次々ゴミが回っていく、これはまずいよね。
ダメでしょう!!っていうのもすごーくわかる。

不法投棄でしょう・・・

子どもたちもきっと最後にきつね君の家に来るんだよね!!って期待をしつつゴミの行方を楽しんでいるように思いました。

片付けは大人も子どもも・・しなくてはいけない!ってよく知っていることだから・・次はどうなるのって?ドキドキしながら楽しめました。

最後が・・・
最後が・・・・


なんできつね君がほめられるの?

絵本ではこれで終わりでも本当はどうなる?
話合いのヒントになるのかな?

ん〜納得がちょっといかない・・・ので星は4つです。
(とむままさん 40代・ママ 男の子13歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


工藤 直子さんのその他の作品

絵本で出会う星の王子さま / てつがくのライオン / おいで、もんしろ蝶 / 地球パラダイス / らいおんはしった / わっしょい のはらむら



風変りで美しい表現方法がたくさん!




全ページためしよみ
年齢別絵本セット