雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
コアラのコーシャ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コアラのコーシャ

作・絵: フェラ・デ・バッカー
訳: のむら まりこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「コアラのコーシャ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年04月10日
ISBN: 9784569683102

出版社からの紹介

内容:子コアラは他の動物たちの特長を見て悲しくなりました。自分には自慢できることがないのです。そんな子コアラにママは……。

解説:子どものコアラのコーシャは、だっこが大好きな女の子です。ある日、留守番をしていたコーシャは、不思議な音に誘われて冒険をはじめます。行く先々で出会うのは、空が飛べるオウムだったり、木にぶらさがることができるフクロネズミだったり……。コーシャはそんな動物の真似をして、空を飛ぼうとしたり、水の中で泳ごうとしたりします。
 そこで動物はみんな自分なりの特長をもっていることを知りました。家に帰ったコーシャは、お母さんに動物たちのことを話します。そのうちにコアラには誇れるものが何もないことに気付きました。悲しそうに話すコーシャに、お母さんがやさしく教えてくれました。「コアラは、世界中で一番だっこが上手なのよ」。
 個性的な動物たちの特長を子どもたちに分かりやすく紹介しながら、お母さんの子どもを思う気持ちも伝わる心あたたまる絵本です。
 オランダで子どもたちに愛され、シリーズ化されているかわいい翻訳絵本です。

ベストレビュー

ママのだっこ

だっこが大好きなコアラの女の子、コーシャ。娘もだっこが大好き。
ひとりでお留守番をしているときに、いろいろな動物さんのマネをしてみるのが楽しいです。
コアラが泳いだり、カエルとびをやってみるところがすごい!と思いました。
最初は「わたしにもできる!」と言っていたのに、失敗が続き、最後には「できない」と落ち込んでしまうけど、ママが抱きしめてコーシャをなぐさめ、励ましているところは見習いたいと思いました。
小さなこどもにとってママのだっこは最高の癒しなのですから。
(ひろりーぬさん 30代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ




絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

コアラのコーシャ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット