すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ピンポーン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピンポーン

  • 絵本
文: 中川 ひろたか
絵: 荒井 良二
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2000年
ISBN: 9784032276602

対象年齢:0歳から
17cm×17cm/24頁

2〜3歳 編集部おすすめ

みどころ

「ピンポーン」はーい、どちらさまですか。宅配便の人が荷物を持って来ましたよ。
 玄関に写ったシルエット。誰でしょう?大きな包みのお届け物。何でしょう?
この繰り返しに小さな子供も大喜び。毎日の生活の中からのお話なのですぐに入り込めます。
やっぱりお客さんが来るとうれしいのかな。そのお客さんが何やら楽しそうな包みを持っているしね。
荒井良二さんの描く動物達も魅力的、カラフルで楽しいつくりと小さめのサイズの絵本が2〜3歳の子が小わきに抱えて持ち歩くのにぴったりの絵本です。
同じシリーズの「ぼうし」も面白いよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ピンポーン

出版社からの紹介

ピンポーン。動物たちの家におとどけ物がとどきます。だれがとどけにきたのかな?なにかな?シンプルなことばのくり返しが楽しい絵本。

ベストレビュー

カラフルで楽しい

「ピンポーン!」「はーい、どちらさまですか」
ただただ、この繰り返しです。
届いたときは、え?それだけ?
と思ったのが、正直な第一印象です。
ですが、息子は、見事にはまりました。

ちょうどその頃は、絵本を読み聞かせようにも、
猛スピードで、勝手にどんどんページをめくってしまう頃だったので、
この短いかけあいの繰り返しが丁度いい感じでした。

でも、こどもってちゃんと見てるんですよね。
ある時、他の本にゾウが載っているのを見て、
この本を本棚から取り出し、ゾウのページを開いて
「いっしょ!」と言ってるのを見て、とても嬉しくなりました。

色々な動物が次々現れて、絵もカラフル。
最後までいくと、「はい!最初からもう一度」という風に差し出され、
延々と読まされる日々が続きました。

少しゆっくり見てくれる頃には、
「だれかな〜」「あ、カンガルーさんだね!」
などと語りかけながら読みすすめることができ、親子共に楽しめる絵本です。
(ノエ☆さん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

中川 ひろたかさんのその他の作品

いのちのたべもの / おむかえパパ / からだ・あいうえお / ゆうびんやさんの ココリさん / きょうはたんじょうび / おとのさま、スキーにいく

荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

ピンポーン

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット