ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おばけがこわいことこちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけがこわいことこちゃん

  • 絵本
作・絵: 田中 清代
出版社: ビリケン出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年04月
ISBN: 9784939029080

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

こわがりのことこちゃんは、おばけがこわくて、夜、ひとりでトイレに行けません。だから、おねしょをしてしまいます。そんなことこちゃんが、ある日、おばけの人形をひろいます。その人形に「ドロン」と名前をつけたことこちゃんは、勇気を出して、ドロンと一緒に夜のトイレに行ったのですが……。

ベストレビュー

たまの夜中に敢えておねしょしちゃう子供へ

日常のトイレトレーニングというよりも、
むしろ
たまーの夜中に目が覚め、気づいていても一人でトイレに行けない子、
「気のせいだからもう一回我慢してねよう」「まあ、いいか」とお布団にしちゃう子、
にぴったりではないでしょうか。

それはまぎれもなく我が家の娘ですが、
彼女のためにある絵本かと思いました。

どきっとする絵もあるものの、
何度か読むと笑える余裕もでてくるようです。
それにドロンちゃんが愛らしい顔です。
おまけにお母さんにしかられる場面の
構図、表情が最高で、
「お母さんおこっとる、けっけっ」
「ほかのおばけがやめてってしようる」
と色々な感想を言ってくれます。
「こわいんよ」といいつつも
楽しいようで、何度ももってきます。

作者の田中さん、最高です。
他の絵本も見てみたいです。
(モトバイさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田中 清代さんのその他の作品

うおいちば / みつけたよ さわったよ にわのむし / ゆきひらの話 / 長ぐつをはいたネコ / 日本語を味わう名詩入門(8) 高村光太郎 / みつこととかげ



すべてのおとなとこどもに贈ります

おばけがこわいことこちゃん

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット