すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
しりとリズム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しりとリズム

作: じゅてん
絵: オオノ ヨシヒロ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しりとリズム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年04月28日
ISBN: 9784569683911

出版社からの紹介

内容:「チキン」と「たらこ」が、おどったり、きょくげいしたりしながら、しりとりあそびをくりひろげます。たのしいことばのえほんです。

解説:たらことチキンたちは、歌でしりとりをすることにしました。はじめに、たらことチキンが楽器をひきながら歌います。『しりとり たいこだ ずんどこ どどんぱ どうぶつ かいぶつ でておいデ』。その歌の最後の「デ」をうけて、つるたちが歌い踊ります。『デんぐり ころりん つるの ワルツは つんつるリ』。今度は「リ」をうけて、ハムスターたちが歌います。『リズムで はずむ ハムスター とことこ ととト』。つぎは「ト」をうけて、サーカス団が歌います。『トラのトライアングル ぐるぐる まわル』。今度は「ル」を受けて……。と歌のしりとりが続きます。最後に登場するのは『ダンスは すんだよ ししまいで おしまイ』と歌った獅子舞でした。
 子どもたちの大好きな動物たちが、民族衣装に身をつつみ、さまざまな楽器を弾きながら、踊りを繰り広げる楽しい絵本です。見開きを舞台に見立てた構成で、頁をめくると新しい舞台が広がります。

ベストレビュー

しりとりって何?

『しりとりって何?』という頃に読み聴かせました。
おわりの文字と同じ文字ではじめるのがしりとり、という概念になりました。

テンポがよくて、歌のようにリズムをつけて読み聴かせると楽しいので
息子も気に入ったようでした。
また、通常のしりとりとは違って
ひとつの文の流れの最後の文字と
同じ文字からまたひとつの文が出来ている、というしりとりになっていて楽しいです。

息子は最後が気に入っていて
違う絵本を読み終えると
『ししまいでおしま〜い』とよく言っていました。

ひらがなとカタカナが読めるようになった今では
時々自分で声に出して読みながら
『おかしいねえ』と言っては笑っています。
(さんぼくんママさん 40代・ママ 4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


じゅてんさんのその他の作品

Clouds, Clouds, Clouds, Where Are You From? くもは どこから? / かえりみち

オオノ ヨシヒロさんのその他の作品

カラスネコチャック / やさしいきょうりゅう / うみのうえで クリスマス



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

しりとリズム

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット