たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
しりとリズム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しりとリズム

作: じゅてん
絵: オオノ ヨシヒロ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「しりとリズム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年04月28日
ISBN: 9784569683911

出版社からの紹介

内容:「チキン」と「たらこ」が、おどったり、きょくげいしたりしながら、しりとりあそびをくりひろげます。たのしいことばのえほんです。

解説:たらことチキンたちは、歌でしりとりをすることにしました。はじめに、たらことチキンが楽器をひきながら歌います。『しりとり たいこだ ずんどこ どどんぱ どうぶつ かいぶつ でておいデ』。その歌の最後の「デ」をうけて、つるたちが歌い踊ります。『デんぐり ころりん つるの ワルツは つんつるリ』。今度は「リ」をうけて、ハムスターたちが歌います。『リズムで はずむ ハムスター とことこ ととト』。つぎは「ト」をうけて、サーカス団が歌います。『トラのトライアングル ぐるぐる まわル』。今度は「ル」を受けて……。と歌のしりとりが続きます。最後に登場するのは『ダンスは すんだよ ししまいで おしまイ』と歌った獅子舞でした。
 子どもたちの大好きな動物たちが、民族衣装に身をつつみ、さまざまな楽器を弾きながら、踊りを繰り広げる楽しい絵本です。見開きを舞台に見立てた構成で、頁をめくると新しい舞台が広がります。

ベストレビュー

しりとりって何?

『しりとりって何?』という頃に読み聴かせました。
おわりの文字と同じ文字ではじめるのがしりとり、という概念になりました。

テンポがよくて、歌のようにリズムをつけて読み聴かせると楽しいので
息子も気に入ったようでした。
また、通常のしりとりとは違って
ひとつの文の流れの最後の文字と
同じ文字からまたひとつの文が出来ている、というしりとりになっていて楽しいです。

息子は最後が気に入っていて
違う絵本を読み終えると
『ししまいでおしま〜い』とよく言っていました。

ひらがなとカタカナが読めるようになった今では
時々自分で声に出して読みながら
『おかしいねえ』と言っては笑っています。
(さんぼくんママさん 40代・ママ 4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


じゅてんさんのその他の作品

かえりみち

オオノ ヨシヒロさんのその他の作品

カラスネコチャック / やさしいきょうりゅう / うみのうえで クリスマス



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

しりとリズム

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット