貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ラージャのカレー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラージャのカレー

  • 絵本
作・絵: 国松エリカ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年09月
ISBN: 9784032047103

対象年齢:3・4歳から
23cm×26cm 32ページ

出版社からの紹介

南の島に住むラージャはカレー作りの名人。ラージャのカレーの匂いは、人々を元気づけるばかりか、雲にまで届いて雨を降らせます。

ベストレビュー

カレーの香る絵本

カレーの香りは道を歩いていても漂ってきて、とても良い気持ちになります。
この絵本はそんな絵本です。
南の島のラージャが作るカレーは魚を使っても、何を入れても香辛料を使い分けて見事なカレーに変わります。
島中に香りを届けて、空にまで届けて、カミナリまでおこして、スコールになりました。
南国の雰囲気たっぷりの絵本です。
だれもが好きなカレーを題材にしたところで、すでにポイントゲット。
絵本を見た後、きっと作る夕飯はカレー。
子どもと挑戦してみるのも良いかも。
あなどれない絵本だと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


国松 エリカさんのその他の作品

おやつなんだろう? / えっちゃん ええやん / ぐずりっこフンガくん / からかさにざえもん / おばけのあんみつ / らくごCD絵本 おやこ寄席



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

ラージャのカレー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット