ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
みててね、おじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みててね、おじいちゃん

  • 絵本
作: 藤田 千津
絵: 長谷川 知子
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

「みててね、おじいちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784580813021

全国学校図書館協議会選定図書

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくって、小さいころから、おじいちゃんに見ててもらうと、なんでもできちゃうんだ。おじいちゃんには、おうえんパワーがあるんだ。そんなおじいちゃんが、弱虫になってしまった。ぼくは、どうしたらいいんだろう……。

ベストレビュー

良いおじいちゃんに、良い孫

我が家は、核家族。息子にとっての両方の祖父・祖母との関わりは、殆どない。転勤族で、引っ越すたびに遠くなり、足が遠のいている。だからこそ、絵本では、ついつい、こういうお話を選んでしまう。
お豆腐屋のおじいちゃんと孫、何かそれだけでも、読まずにはいられない作品でした。ちゃきちゃきの江戸っ子って感じが伝わってきて。
おじいちゃんがいると実力を発揮できる。そんな孫って、おじいちゃんも自慢だろうなー。
おじいちゃんが、突然倒れて、身体が不自由になった時、こんなお返しをして上げられる孫、なんかじ〜んと来てしまいました。こういうお話を読み聞かせしてあげられていることが、何だか嬉しくなりました。
人は、人の助けを借りて生きて行けるんだね、何だか私にエールを送ってくれているようで・・・。
本当に良い作品です。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤田 千津さんのその他の作品

家出しちゃった / チャンスの神さま / がんばれっていわないで / もうひとりの佐藤くん / やさしさ色のユニホーム / ごめんねがいえなくて

長谷川 知子さんのその他の作品

どーだっ! / けんかともだち / 子ヤギがうまれたよ! / ハッピー、ラッキー ヤギダンス / がっこうにヤギがきた! / あのこもともだちやまだまや まじょとうらないのまき



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みててね、おじいちゃん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット