貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
かあさんのいす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かあさんのいす

  • 絵本
作・絵: ベラ.B.ウィリアムズ
訳: 佐野 洋子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年07月
ISBN: 9784251005083

対象年齢:6歳から

おはなし

 かあさんはブルータイル食堂で働いています。わたしもときどきお手伝いをして、もらったお金はかならず半分、あの「びん」に入れておきます。いつかこの「びん」がいっぱいになったら、そのお金全部で椅子を買いに行くのです。すごくふわふわで、すごくきれいで、すごく大きな椅子……。世界中で一番すてきな椅子を買うのです。

みどころ

 鮮やかな水彩画が印象的な絵本。本作品と続編『ほんとにほんとにほしいもの』『うたいましょうおどりましょう』の3部作から成ります。
 主人公の少女は母親と祖母の3人暮らし。火事ですべてを失うという苦境の中、明るく前向きに日々を送る3人の生き様は、多くの読者を引きつけるでしょう。アパート暮らしとなった今、世界一の椅子を買おうと、家族みんなが奮闘。助け合いながら生きる姿は、家族本来の意味を示します。米国社会に生きるマイノリティー一家のバイタリティーは、水彩画の色使いにも表れます。ビタミン剤のように元気を与えてくれる一冊。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

ウェイトレスをして一家をささえる母親のために、布張りの大きないすを買うまでを描く。少女の素朴な語り口が印象的な絵本。

ベストレビュー

大事に大事にお金を貯める

読み終わった後、一つの映画を見たような感じを受ける絵本です。

私とかあさんとおばあちゃん、女3人の家族。
火事で、なにもかも焼けてしまって、家族が助け合っている様子が伝わってきます。
女の子は、大きなビンいっぱいにお金を貯めて、世界一素敵な椅子を買うという目標があります。
仕事で疲れた母さんを休ませるために。
おばあちゃんが鼻歌を歌いながら、料理ができるように。

願いどおりの椅子を手に入れたとき、こっちまでうれしくなりました。
母さんと一緒に椅子に座って、眠ってしまった女の子をみて、小さな幸せを感じました。
(くるりくまさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ベラ.B.ウィリアムズさんのその他の作品

赤いカヌーにのって / うたいましょう おどりましょう / ひろいそらあおいそら / ほんとにほんとにほしいもの

佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた



サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

かあさんのいす

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット