すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ちびねこグルのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちびねこグルのぼうけん

作: アン・ピートリ
絵: 大社玲子
訳: 古川 博巳 黒沢 優子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちびねこグルのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年06月25日
ISBN: 9784834006254

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

ちょっと短気でやんちゃな子猫がくり広げる、愉快で楽しいお話。こんなに魅力的で、けなげな子猫にはそう簡単にお目にかかれません。ネコ好きには、たまらない一冊です。


くわしい内容紹介
 グルは、しっぽの短い、ころころ太った灰色の子猫です。大きな納屋で母さんたちと暮らしていましたが、運よく、ドラッグストアにもらわれていくことになりました。でも、新しい家の飼い主のおじさんおばさんは、グルの話すことがわかりません。おまけに、気が短く怒りっぽいグルは、お店のお客さんを引っ掻くという大失敗をしてしまいます。さあ、何とかこの気性を直さなければ、もとの納屋に返されるかもしれません。懸命に努力するグルを、お隣のピーターや散歩中に知り合ったスミスさんが、やさしく応援してくれます。そんなある夜、お店の中に怪しい人影を見つけたグルは――。
 作者のアン・ピートリは、黒人母子家庭の悲劇を描いた『街路』(1946年)というミリオン・セラーを持つ、アメリカの黒人作家です。これは、彼女が「物語が何より好きな姪に読ませるため」に書いた、初めての子ども向けのお話です。自分のことをわかってほしいと、懸命に努力するグルの姿をじつに愛らしく、温かく描いています。お話の楽しさを十二分に表現してくれた大社玲子さんのすばらしい絵と共に、親子でじっくり味わってほしい物語です。

ベストレビュー

短気だけど素直なグル

ドラッグストアにもらわれてきた、ちびねこのグル。
素直で可愛いけど、ちょっと短気なのが玉に瑕。
そんなグルの日常生活(ちょっぴり冒険アリ)のお話です。

このグルちゃんがすっごく可愛いんです!
お話はグルの視点で進むのですが、それがすごく自然な感じです。
飼い主とは全然話ができないグルですが(ネコと人間だから当然ですけどね)、なぜかお隣の男の子と、散歩中に出会うおじいさんとは言葉がかわせちゃうんです。
その理由は、、、お話の最後に、グルが見つけますよ。

短気なことが災いして、もとの家に戻されそうになるのですが。
自分の短気が原因だとわかったグルは、けなげにも、短気を治そうと頑張るんです。
なんて素直で可愛い子!!うちの子にも見習って欲しいくらいです(笑)。
グルは、短気を治して無事今のうちに住み続けることができるのか??
それはこのお話を読んでみてくださいね。

児童書ですが、文章は平易で漢字に振り仮名も振ってあります。
小学校低学年くらいのお子さんにお勧めです。
(あんれいさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大社 玲子さんのその他の作品

くろグミ団は名探偵 紅サンゴの陰謀 / にわとり城 / くろグミ団は名探偵 石弓の呪い / くろグミ団は名探偵 カラス岩の宝物 / げんきなぬいぐるみ人形ガルドラ / じゃんけんのすきな女の子

黒沢 優子さんのその他の作品

箱船にのった鳥たち ある野鳥病院の物語 / おじいさんのえんぴつ



主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

ちびねこグルのぼうけん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット