宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
もりのなかよし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのなかよし

  • 児童書
作・絵: つちだ よしはる
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年07月
ISBN: 9784251040169

対象:5歳から

出版社からの紹介

森にすむきつねのこと、くまのこと、うさぎのこと、たぬきのこは、大の仲よし。夏には海で海水浴、秋には森できのことり……。

ベストレビュー

四季折々の遊び

このお話は、色々な季節に森の仲間たちで色々な遊びをしたりしているお話が載っていました。自然の中で楽しそうに遊んでいる姿がとっても楽しそうに描かれていて、子供も海が恋しくなったり、クリ拾いをしてみたくなったりと心ワクワクさせられる絵本だったみたいです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つちだ よしはるさんのその他の作品

ねずみくんのおくりもの / やくそくの「大地踏」 / はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ? / だっこだっこ



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

もりのなかよし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット