ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
おばけのなつまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのなつまつり

作: 山本 和子
絵: 大和田 美鈴
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけのなつまつり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年07月04日
ISBN: 9784569684062

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

内容:家出をしたふたごのおばけは、ある女の子と出会います。一緒にらくがき団をやっつけたり、ぐーんと楽しい夏休みを過ごすのですが……。

解説:かわいいふたごのおばけの楽しい夏休みのお話。
 ふたごのおばけは、夏休みにおとうさんおばけとおかあさんおばけと、海におでかけしました。でも帰り道に、両親がケンカを始めてお互いに口を利きません。せっかくの夏休みなのにー。ふたごは両親から離れて出てきてしまいました。そして、人間のなっちゃんという女の子と友だちになります。なっちゃんちはお豆腐やさんなので、こっそりとできたての豆腐をもってきてくれたり、一緒に銭湯に行ってみたりしました。なんだか、とっても楽しいんです。それから三人は銭湯の帰りに、町内を荒らしているというらくがき団を見つけました。ふたごおばけは、なっちゃんへの恩返しにと、らくがき団をやっつけることにします。さあ、そんなにうまくいくのでしょうか。
 『おばけのなつやすみ』に続くふたごのおばけの愉快なお話。最後は、商店街の楽しいなつまつりでしめくくります。

ベストレビュー

怖くないお化け

このお話に出てくるお化けは、とってもかわいいおばけでした。うちの子にはかわいすぎたので、ちょっと物足りない感じでしたが、ストーリーはとっても楽しんでいました。お化けが女の子と一生懸命悪い人をやっつけるのがとっても面白かったです。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 和子さんのその他の作品

ウサギのフローレンス(2) はじめてのダンスパーティー / ウサギのフローレンス(1) 野原のたんじょう会 / しっぽのつり / ミャオ!おおきなはこをどうするの? / ミャオ!ちいさないすをどうするの? / わたしのやさしいいちにちちきゅうのためにできること10のこと 2

大和田 美鈴さんのその他の作品

How Do You Do? はじめまして / ララちゃんのダンス / 大きな絵本 はじめまして / 紙芝居 うんちくん / おまけのオバケはおっチョコちょい / はじめまして



『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

おばけのなつまつり

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット