貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
アバドのたのしい音楽会
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アバドのたのしい音楽会

作: クラウディオ・アバド
絵: パオロ・カルドニ
訳: 石井 勇 末松 多寿子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,000 +税

「アバドのたのしい音楽会」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年
ISBN: 9784566002845

小学校中学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ベルリン・フィル首席常任指揮者アバドさんがまだ小さい頃、指揮者を夢見るようになったいきさつや、オーケストラや楽器のことなどを暖かい語り口で伝える、音楽入門絵本。

ベストレビュー

チェリストの娘へ〜

世界的有名な指揮者クラウディオ・アバドさんが丁寧に、わかり易く音楽の世界へと案内してくれる絵本。

数ヶ月前から、オーケストラ団員になった娘。
チェリストとして練習に励む日々を送ってるのですが
更にオーケストラへの関心を深めたい!と思ったらしく
チェロの先生が持ち合わせててたこの絵本がすごく気になったらしく
とうとう購入!

いろいろな楽器の名前はもちろんの事、オケでの役割や
音の特徴、細かく説明されててますます楽器に興味を増した様子。
なるべくたくさんの楽器に触れたい!と思ってる娘には
どの楽器の説明も目を輝かせて読み尽くす!
でも、やっぱり気になるのはチェロですけどね☆〜(ゝ。∂)

クラシックや楽器に興味を持ち、「演奏してみたい!」
そう芽生えてきたお子さんに、オーケストラ導入としてお薦めの1冊です!
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

石井 勇さんのその他の作品

アルゴー号の大航海 ギリシア神話より



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

アバドのたのしい音楽会

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット