あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
エミリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エミリー

  • 絵本
作: マイケル・ビダード
絵: バーバラ・クーニー
訳: 掛川 恭子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784593503032

240×270mm/40ページ

出版社からの紹介

20年も家の外に出ないでくらす“なぞの女性”(詩人エミリー・ディキンソン)と少女の思いがけない出会いを美しく描き出す。

ベストレビュー

優しく儚げな一人の女性“エミリー”

アマーストのせの高い生け垣にかこまれた黄色い家には、20年近くも家の外に出ないでくらしている女の人がいました。見知らぬ人が声をかけると、走ってかくれてしまいます。家にお客様を招いたときでさえ、その人は見えない所にいるのです。人々は彼女のことを“なぞの女性”と呼んでいました…。この絵本は“なぞの女性”エミリー・ディキンソンと少女の思いがけない出会いの日を美しく格調高い絵で、描いています。詩人のおだやかな日常と特別な世界をちらりとわたしたちにみせてくれる、この絵本は、アメリカの偉大な、そしてよく親しまれている詩人エミリー・ディキンソンの謎とそれを包みこむ世界の喜びをよくとらえているといえるでしょう。1993年度コルデコット賞受賞作。

ワタクシは、この作品の少女のにすっかり同化してしまいました。
映画のような美しい背景ストーリー!
一通の手紙の中に入っていた繊細で清らかな押し花のお花のような、優しく儚げな一人の女性“エミリー”に魅了されてしまいました。
エミリーさんは、実在した人物で彼女がお亡くなりになる前の25年間は、このお話と同じように過ごされていたのだそうです。だからと言って、エミリーさんは、人間嫌いだった訳でもなさそうでしたし、子どもに優しく、他人よりも少し繊細な女性だったのでしょう。
エミリーと少女の秘密のプレゼント交換のシーンには、ドキドキ!胸が高鳴りました。
心に奥にそっと大切にしまって置きたい、思い出のような素敵な作品でございました(o^_^o)
とても好きな作品でした。
(梨華さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーバラ・クーニーさんのその他の作品

ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ / クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ

掛川 恭子さんのその他の作品

岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち / 灯台守のバーディ



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

エミリー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット