ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おおきなテーブル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきなテーブル

作: 森山 京
絵: 広瀬 弦
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「おおきなテーブル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年06月20日
ISBN: 9784591068687

5歳〜
23cm x 23cm 31ページ

出版社からの紹介

一人暮らしのうさぎのおばあさんが、かつて8人家族で囲んだ大きなテーブルに一人で座っています。1年前までは、向いの席におじいさんが座っていました。3年前までは末息子もいました。その少し前までは、中の息子と双子の娘も・・・。家族は、食事をする時も、宿題をする時も、遊ぶ時も、いつもおじいさんの手作りの大きなテーブルに集まったものでした。
 おばあさんは、時間をさかのぼって次々に家族の思い出をたどっていきます。
 そして、今まで見たこともなかったテーブルの裏の子どもたちの落書きを見ていたら・・・。

ベストレビュー

おじいちゃん、おばあちゃんの顔を見に。

この絵本を読むと、家族とか、家(家族の集まる建物)とかの事を考えさせられてしまいます。
でも、絵本自体は決して重たい話ではなく、優しく語りかけてくれる穏やかなお話です。

子供を6人(匹)も育てたうさぎのお母さんが、おばあさんになり、連れ合いもなくして、1人で広い家に住んで、大きなテーブルにつく。
哀愁を感じますねぇ。
でも、今は寂しい生活をしているけれど、子供達を育てたその家に残る思い出は、決して寂しいものではなく、暖かいものだったと、伝わってくるのです。
さぁ、私達もおじいちゃん、おばあちゃんの顔を見に行きましょう!
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森山 京さんのその他の作品

ひっこしをしたかばのこカバオ / 大きくてもちっちゃい かばのこカバオ / なかよくなれたね / とんだ、とべた、また、とべた! / りんごの花がさいていた / いのちの木

広瀬 弦さんのその他の作品

いそっぷ詩 / とらねことらたとなつのうみ / 西遊記(11) 火の巻 / はらぺことらたとふしぎなクレヨン / 西遊後記(3) 河の巻 / 西遊後記(2) 芳の巻



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

おおきなテーブル

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット