だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
せんろはつづくよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せんろはつづくよ

  • 絵本
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: ジーン・シャロー
訳: 与田 凖一
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥820 +税

「せんろはつづくよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年2月
ISBN: 9784001151398

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

地味ですが子供の心をとらえます

 2台の機関車が大陸横断鉄道を渡り、西へ西へと進むお話。(でも、子供たちがいっしょに機関車に乗っていて、これはおもちゃの機関車?とも思えたり。)
 一番の魅力は「ぱふぱふ」「ちゃぐちゃぐ」の音です。英語の「puff puff」「chug chug」をそのまま音声表記して、流れるようなリズムと共に語っています。この抑揚が心地よいのでしょう、娘はじっとページを見つめ、聞き入っていました。イラストは地味なのに、この引き付け方は、やはりただものではない古典絵本の証明。作者マーガレット・ワイズ・ブラウンとは一体どんな人だったのか、親の私は彼女に引かれてしまいます。42歳で夭折というのも、残念でなりません。邦訳も、彼女の言葉のリズムを巧みに日本語に乗せています。
 大陸横断鉄道の敷設作業は、多くの日本人、中国人移民が従事しました。いつか、その歴史も話さなくちゃと、この作品を読みながら思いました。
(ムースさん 40代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

ことりのおそうしき / 子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし / たんじょうび おめでとう! / ぼくつかまらないもん! / どうぶつたちはしっている / てくとこ ずんずん

与田 凖一さんのその他の作品

おばあさんとこぶたのぶうぶう / 大型紙しばい おとうさん / うみひこやまひこ / 赤い鳥代表作集(1) / 赤い鳥代表作集(2) / 赤い鳥代表作集(3)



風変りで美しい表現方法がたくさん!

せんろはつづくよ

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット