しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
とおいところへいきたいな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とおいところへいきたいな

作・絵: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784572002440

幼児から
205×160mm・56p

>>>冨山房(出版社)の最新情報はこちら!

出版社からの紹介

聞きたいことがあるのに、お母さんは赤ちゃんにかかりきりで相手をしてくれません。
そこでマーチンは「遠いところ」へ行ってしまおうと決心します。
ところが、猫やスズメや馬と一緒に出かけた「遠いところ」では…

ベストレビュー

戻る場所を知っているから・・・・・・・

マーチンのように、下にあかちゃんが出来ると今まで一人占めしていたおかあさんが忙しくて話も聞いてくれないということには読んでいても他人事ではないなあと思いました。家出をして、とおいところへ行きたい気持ちは往々にして誰にでもある感情だなと思いました。でも、マーチンだけでなく、戻る場所を知っているから、安心して甘えて家出が出来るんだと思いました。”とおいところへいきたいな”と、時々思うから好きな場所を旅して、また、気持ちを変えて日常に戻りたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モーリス・センダックさんのその他の作品

とてもとてもサーカスなフロラ / わたしの兄の本  / そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう? / ムーン・ジャンパー

じんぐう てるおさんのその他の作品

わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス / からすのカーさんへびたいじ / ふふふんへへへんぽん! / ジョニーのかぞえうた / ピェ−ルとライオン / チキンス−プ・ライスいり



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

とおいところへいきたいな

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット