くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
とんとん どんどん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とんとん どんどん

  • 絵本
作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年01月
ISBN: 9784569683683

幼年から
B5判変型上製 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

内容:擬音や濁音で、こんなにも意味が変わってしまう面白さを、愉快なイラストで展開することばあそび絵本。読んで、見て、笑える一冊です。

解説:シンガーソングライターとして作詞作曲なども手がけ、さまざまな分野で活躍する中川ひろたかと、味のあるイラストで定評がある村上康成の人気コンビがお送りする「ことばあそびブック」シリーズの最新刊。
 ことばの持つ面白さ楽しさを、コミカルに描いた、読んで見て笑えるシリーズの一冊です。
 擬音、濁音にすることで、こんなにも意味が変わってしまう面白さを、愉快なイラストとともに展開します。
 「かたをとんとん、むねをどんどん」「そうっと そろそろ、 みんなで ぞろぞろ」「みつばち ぶんぶん、おこった ぷんぷん」「熱でてくらくら 歯もぐらぐら」「けむり もくもく、やきとり もぐもぐ」「おほしさま きらきら、おひさま ぎらぎら」「カメラマンはカシャカシャ、おもちゃを ガシャガシャ」など。「音」を声に出して読むことで、より面白味が増します。
 3、4歳から大人まで楽しめます。『かいじゅうのこんだて』と同時発売。

ベストレビュー

言葉あそび!

濁点をつけるのとつけない言葉の表現の比較が楽しい絵本でした。たとえば、「かたをとんとん」「むねをどんどん」などリズムにのって楽しく覚えられる絵本でした。子供たちもリズムにのって一気に読めるので、何度も声に出して読んでいました。
(レイチェル♪さん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

おうち / はじめての はじまり / 中川ひろたかみんなのソングブックCDつき / ともだちのやくそく / おとのさま、小学校にいく / あれ あれ だあれ?

村上 康成さんのその他の作品

村上康成のイラストエッセイ 水ぎわの珍プレー / はるの ごほうび / おおきくなったらきみはなんになる? / 母ぐま子ぐま / しあわせならてをたたこう / きょうはたんじょうび



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

とんとん どんどん

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット