もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
にこにこかぼちゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にこにこかぼちゃ

作・絵: 安野 光雅
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年5月
ISBN: 9784924684454

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 タイトルだけで、どんな絵本かは想像できませんね。でも、このタイトルしか考えつきませんでした。どんな本でしょう。

 この絵本は安野さんの二人目のお孫さんへの贈り物です。安野さんらしい、優しいアイディアがこらされています。

 裏表紙のうしろに、にこにこ顔を印刷した透明カードが入っています。カードを手に持って、かぼちゃに当ててみると、あら!かぼちゃが笑っています。

 カードはもう一枚あって、こちらは、こまり顔です。そのカードをかぼちゃに当ててみると、今度はしかめっつらになります。

 絵本の中には、オレンジ、梨、りんごをはじめ、たまねぎ、かぶ、そらまめ、きゅうり、人参、さくらんぼ、それからそれから、えーと。とにかく果物と野菜がワンサと出てきます。

 そのひとつひとつに、にこにこ顔を当てれば、大笑い。ぷんぷん顔を当てれば、しかめっつら。と飽きません。

 幼い子どもたちは、大声をあげて遊びます。にこにこ顔をよく見ていると、安野光雅さんの笑顔に、そっくりです。

ベストレビュー

野菜、果物、豆

かぼちゃが主人公?と思いきや、写実的な野菜、果物、豆類が登場。
それぞれの名称が添えられていますから、一見図鑑のようです。
ところが、付属の透明シートを当てると、それらに表情が付加され、
なんとも素敵なキャラクターになります。
しかも、にこにこバージョンと困ったバージョン。
単純な表情ですが、特に困ったバージョンの造形が絶妙です。
仕掛けの大好きな子どもたちだったらはまりそうです。
表情の位置を工夫するだけで、もっとバリエーションが増えます。
透明シートで遊びながら、野菜や果物、豆類に親しみを持ってくれたらいいですね。
おもちゃかぼちゃ、マンゴスチン、パパイヤ、うずら豆などは珍しいので、
大人も学ぶことがありますね。
年齢に応じて楽しめる作品だと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

にこにこかぼちゃ

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット